• ホーム
  • ニキビの原因であるアクネ菌が炎症を引き起こすワケ

ニキビの原因であるアクネ菌が炎症を引き起こすワケ

2020年02月24日

ニキビの原因になるのがアクネ菌であり、炎症を引き起こすのには原因があります。過剰な皮脂分泌により毛穴が密閉されると、毛穴の中で増殖するので、これが炎症の元です。普段悪さはしませんが、元来皮脂はアクネ菌の大好物であり、さらに毛穴が密閉されれば、その下で増殖されることになります。

油分を栄養素として増えていきますが、ポルフィリンを排出するのも難点です。紫外線がポルフィリンの物質にあたることで、活性酸素が発生をするためであり、炎症を悪化させてメラニン生成を促進させるので、シミを招く要因にもなります。ニキビの初期段階は白く、小さく盛り上がっていますが、発見しても自分で潰してはいけません。面靤ともいわれるブツブツの症状ですが、まだ白い段階であれば生活習慣を改善することです。コメドの早期治療は病院ではなく、食生活の改善と十分な睡眠をとることで解消していきます。正しいスキンケアをすることも必要であり、まずは医薬品に頼るのではなく、これまでの生活習慣を改めることです。

すでに炎症を起こしている赤ニキビを発見したら、早期治療で膿のある黄色い状態にはしないようにします。薬局やドラッグストアで市販されている医薬品を使ったり、皮膚科で治療薬を処方してもらうなどして、医薬品で対処します。赤ニキビはひどくなるほどかゆみが出てきますが、掻いたり触れたりしないようにします。

見えないだけで手にはたくさんの雑菌がいるので、触れることで毛穴に雑菌が入って悪化をするためです。我慢していてもかゆみが気になる時には、アクネケア用で市販されている化粧水を、柔らかいコットンに塗布して肌にあてることでかゆみを軽減できます。

盛り上がって黄色くなった状態は、中に膿が溜まっている状態です。生んだ状態をそのまま放置することで、デコボコの跡が残ることもあります。洗顔ブラシやスクラブ剤を使う刺激のあるケアは逆効果であり、皮膚に刺激が加わる過剰なお手入れはしてはいけません。洗顔をする際には、石鹸を良く泡立てて泡で顔を優しく洗うようにします。

潰すのは言語道断であり、炎症が加速をしますし痕になりやすいので、黄色くなったら触らないことです。初期のコメドの状態から黄色い膿になる状態までニキビの症状は様々ですが、生活習慣を改めて正しいスキンケアで改善をして行きます。必要に応じて市販薬や皮膚科での治療も行いますが、根本的な原因の多くは生活習慣にあるからです。

ニキビの大敵となるのは脂分や白砂糖などの精製糖であり、食べ物や調味料に飲み物などにまで意識を持つようにします。脂肪が多い肉類に、チョコレートや菓子パンにアイスなどの砂糖が多いもの、お酒なども控えて、ビタミン豊富な野菜を食べることです。眠っているときに皮膚細胞も修繕されるので、22時から2時のシンデレラタイムはなるべく眠るようにすること、成長ホルモンを順調に分泌させるためにも必要になります。肌に負担にならない丁寧な、正しいスキンケアを心掛けることも重要です。