• ホーム
  • フェイスラインが気になる!小顔になる為の条件

フェイスラインが気になる!小顔になる為の条件

2020年03月31日

二重顎やたるみなど、フェイスラインが気になるお悩みは少なくありません。小顔になるためには生活習慣から見直すこと、入浴中にできるリンパマッサージをしたり、表情筋を鍛えるために口角を上げるのも意外と効果的です。

身体はスッキリとスリムなのに、太って見えるのは二重顎のせいかもしれません。太っていることの象徴のようになっていますし、顔に脂肪が多かったりむくんでいると、本当の体重より太って見られがちです。顎もフェイスラインもスッキリとさせるために、小さな積み重ねで努力を続けていきます。

老廃物を回収する作用があるのもリンパであり、マッサージを継続的に続けることで、リンパの流れも良くなりますが、これが老廃物を流す秘訣です。体が冷えたり同じ姿勢が長く続くと、リンパの流れは悪くなって老廃物は滞ります。全身につながることですから、流れの悪さは顔をむくませる要因です。

1日の疲れを癒してリセットさせる、絶好のバスタイムなど入浴中は、美容の時間にあてることができます。入浴中は芯から体が温まりますし、血流も良い時なので、そのタイミングでリンパマッサージをするのも良い考えです。

普段から意識したいのが口角をしっかり上げることであり、顔の下半分の筋肉を鍛えるのも大切になります。小顔の日とは不思議なくらい、いつでも口角が上がっていて、見た目にもとても印象が良いです。表情筋は形状記憶しますので、常に口角を上げる習慣を身につけることで、たるみのある顔とは縁が遠くなります。最初は慣れないのでキツイと感じるかもしれませんが、意識して常に口角を上げると周りからの印象もアップです。

あまり顔の筋肉は動かさないので表情筋は硬くなりがちですが、スッキリした小顔を目指すなら、隙間時間に表情筋を刺激します。トイレ休憩の時や家事の合間、仕事の休憩時間などに、思い切り口を動かすだけでも違いますし、目も一緒に動かしたりすると、より効果は大きいです。

自然な笑顔がいつもある人は小顔な人が多いですし、顔の筋肉を適度に動かしています。リンパの流れをよくして表情筋を鍛えていくことで、自然な美しさを導くことにもなるので、コツコツと努力をすることです。日々の積み重ねこそが小顔への道ですから、小顔になる生活習慣を身につけてしまえば、顔の大きさで悩むことにはなりません。

食生活の改善も小顔を目指すなら必須であり、水分代謝が悪いことも顔が太って見える原因です。海藻類に葉物野菜やリンゴ、こんにゃくなどの食物繊維豊富な食べ物を食べるようにします。カリウムはむくみ解消効果があるので、アボカドを取り入れるにも良いですし、ビタミンCやビタミンEの栄養も欠かせません。ジャンクフードは脂肪分が多く、顔を大きくさせるので控えることです。

よく歩くことも顔痩せ効果につながるので、有酸素運動のウォーキングを習慣にして、リンパや血液の巡りもよくするのも良い方法といえます。